ワンちゃんの混合 ワクチン 1年に1回?

皆様のワンちゃんは ワクチン を接種していますか? (ねこちゃんはこちら)

当院では適切な時期に、適切な頻度での ワクチン の接種を推奨します。

まずワンちゃんの ワクチン は大きく分けて2種類あります。

  • 狂犬病 ワクチン
  • その他の感染症を予防する ワクチン

法的な接種義務があるのが狂犬病 ワクチン で、年1回の ワクチン 接種が狂犬病予防法で義務付けられています。

さらにその他の感染症を予防する ワクチン は大きく2種類に分けられます。

コアワクチン:どんな環境下でも接種が推奨されているワクチン(広く分布し、死亡率が高い感染症に対するワクチン)

  • 犬パルボウィルス
  • 犬ジステンパーウィルス
  • 犬アデノウイルス

ノンコアワクチン:必要があれば検討されるワクチン(犬が集まる場所、例えばトリミングやペットホテル、ドッグランを利用するワンちゃん)

  • 犬パラインフルエンザウィルス
  • レプトスピラ感染症

全米動物病院協会(AAHA)や世界小動物獣医師会(WSAVA)などのガイドラインでは初回のワクチンプロトコールの半年もしくは1年後のワクチン接種後はコアワクチンは3年に1回、ノンコアワクチンは1年に1回の接種が推奨されています。ただ現在日本で入手できる混合ワクチンはコアワクチンだけの製品はほとんどありません。接種プロトコールは以下のようになります。

ただガイドラインは強制的なものではないので、かかりつけの獣医さんと相談の上接種プロトコールを考えていきましょう。

当院でもワンちゃんの性格や環境、接種歴、体質等をご家族と相談しながら適切な接種プロトコールをご提案します。

関連記事

  1. ネコ ちゃんの混合 ワクチン 1年に1回?

  2. ☀️熱中症☀️

  3. 🦷歯周病について🪥

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP